サポートするお仕事をしよう

やりがいある介護の仕事を続けるために知っておきたいこと

体力トレーニングの必要性

介護の仕事はニーズが高いため、比較的就職先が見つけやすい傾向にあります。しかし、仕事先が豊富にあるからと安易に介護職を選ぶべきではありません。介護職の仕事内容を甘く見ていて、後々悩みを抱えるケースが多いのです。中でも、体力不足に悩む人は多く居ます。

人の世話をする仕事では、なにかと体力を使う場面が多々あります。たとえ小柄な高齢者でも、人間一人の体を支えるとなるとそう簡単ではなく、多くの体力を消耗します。更に、一人の介護スタッフが複数の要介護者の面倒を見るとなると、さらに体力の消耗は激しくなります。
そのため、何の準備も無しに介護の仕事を始めた人は、体力面で悩みを抱える場合がよくあります。そこで、介護職に就いて施設で働き始める前に、ある程度の基礎体力を身につけるためのトレーニングは行っておいた方が良いでしょう。介護の仕事は長時間になることもあるので、瞬発的な筋力だけでなく、持久力も身につけた方が無難でしょう。

本格的なトレーニングジムに通わなくとも、基礎体力の上昇は工夫次第で十分に家で行うことができます。柔らかいマットの上で腹筋や背筋を鍛えたり、スクワットも筋力アップに効果があります。また、ランニングで体幹の筋力や足腰、心肺機能を鍛えておけば、介護の仕事を始めたとしても体力面の不安を感じることは少ないでしょう。
介護の仕事を始めてからも、体力トレーニングは欠かさずに行うのが大切です。体力作りのために体を鍛えると、精神面にもプラスの効果があるため、多少疲労が溜まってもへこたれない精神力が身に付きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です